九州経済連合会は、インド商工会議所連合会(FICCI)主催のインドビジネスセミナー(5/28、福岡)を共催致します。
国連の発表によると、インドは、2022年に中国を抜き世界最大の人口を抱える国と予測されています。2016年の経済成長率も7.1%と中国の6.7%を2年連続で上回りました。アジア開発銀行の予想では2017年の成長率は7.4%と予測されており、今後10年間は有望な市場になると考えられています。一方で、進出にあたり日本と異なるビジネス文化に戸惑う企業が少なからずいるのも事実です。
こうした状況を踏まえ、当セミナーでは、インド市場の魅力と可能性のほか、参入戦略の選択肢、人事・組織に関する問題解決策及び実際の参入事例について詳しく解説いたします。有望な市場の実態と実例に基づくノウハウを知る貴重な機会です。インドという国やインドビジネスに馴染みのない方から進出を検討されている方まで九州企業の皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】2018年5月28日(月)13:00~16:00(開場12:30)
【会場】電気ビル共創館3階「カンファレンスB」(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
【定員】80名 
【主催】インド商工会議所連合会(FICCI)
【共催】(一社)九州経済連合会
【後援】九州経済国際化推進機構、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)福岡貿易情報センター、在大
    阪・神戸インド総領事館
【プログラム】
13:00 開会挨拶 在大阪・神戸インド総領事館
         九州経済連合会
13:20 「インドの市場環境 日本企業にとっての重要性」
     アトゥル・シュングル (FICCI) *同時通訳有
13:50  休憩
14:00 「インド市場への参入戦略と日本企業にとっての課題」
     クラウス・マイヤー (M+V) *同時通訳有
14:40 「インドのビジネス文化と人事・組織の課題」
     サムリティ・パラシャー (M+V) *同時通訳有
15:20 質疑応答、ネットワーキング
16:00 閉会

【申込締切】定員に達し次第締め切らせていただきます。
【申込方法】申込方法、詳細につきましては、本ページ最下部の関連リンク先をご覧ください。