近年、大量破壊兵器の拡散やテロの頻発が世界情勢を不安定化させ、各国の経済発展にも大きな影響を及ぼしかねない状態にあります。仮に民生用途であっても、兵器などへの転用が可能である貨物を海外に輸出する際には、外為法等に基づき、経済産業大臣の許可を受けることが必要になります。
 また、昨今の国境を越えた人の移動の活発化や情報化の進展や不正輸出の事案の頻発等を受け、安全保障貿易管理の重要性は益々高まっており、企業等における輸出管理について適切な対応を図っていただくため、「安全保障貿易管理説明会」を開催いたします。
 そして、経済産業省への輸出許可申請等を電子的に行う「NACCS貿易管理サブシステム」について、今後導入を検討する企業を対象に電子申請及び電子ライセンスのメリット並びに移行手続きを説明いたします。
 輸出関連業務に携わる企業等の皆様のご参加をお待ちしております。

◆日 時:平成29年1月26日(木)13:30~16:45
     (13時から入館証の配布を行いますので、窓口での入館手続きは不要です。)

◆場 所:福岡合同庁舎 新館3階共用大会議室(福岡市博多区博多駅東2-11-1)

◆参加費:無料

◆定 員:100名(先着順)

◆テーマ:「安全保障貿易管理説明会」 
       ①安全保障貿易管理について
       ②法令遵守のポイント

     「NACCS貿易管理サブシステム説明会」 
       NACCS貿易管理サブシステムの概要とメリットについて

◆講 師:経済産業省 安全保障貿易管理担当官及びシステム管理担当者

◆申込方法:関連リンク添付の参加申込書に必要事項をご記入の上、九州経済産業局国際課
      までFAXにてお申し込みください。 

◆申込締め切り日:平成29年1月19日(木)

◆本件にかかる問い合わせ先:九州経済産業局 国際部国際課 
              担当:西尾、仲道
             (電話:092-482-5425、FAX:092-482-5321)