日本からの農林水産・食品輸出(金額ベース)で12位の相手国(2016年財務省貿易統計)であるマレーシアは、食への関心が非常に高く親日的な国です。
 イスラム国家であるため現地で消費される食品に制限(ハラール)はありますが、中華系富裕層を中心に日本食は好まれています。
 クアラルンプール市内には日本食レストランが約600店舗あり、有望な市場として注目を集めています。
 これらを背景にジェトロと水産物・水産加工品輸出拡大協議会は、同国を代表する商業都市クアラルンプールで現地バイヤー(輸入業者、小売業者、レストラン関係者など)との商談会を開催します。
 マレーシア市場への新規参入もしくは販路拡大にご関心のある事業者の皆様は、是非この機会をご活用下さい。

◆日 時:2018年1月24日(水)~ 1月25日(木)

◆場 所:JWマリオット クアラルンプール

◆定 員:20社

◆対 象:マレーシアにおいて、日本産水産物・水産加工品のPRおよび同地域への輸出に関心のある企業および
     生産者団体等

◆内 容:オリエンテーション、商談会、市場視察(希望者のみ)

◆開催形式:現地集合・現地解散型

◆費用負担、お申込み等、詳細は関連リンクをご覧ください。
 
◆申込締切:2017年10月13日(金)17時00分

◆お問い合わせ先:JETRO 水産品支援課 (担当:飯田、渕田)
         TEL:03-3582-8349 FAX:03-3582-7378
         E-mail:afd-mission@jetro.go.jp