(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)では、「平成29年度中小企業等特許情報分析活用支援事業」を平成29年5月1日から開始いたしました。
 この事業は、費用負担が大きい先行技術文献等の特許情報分析支援を通じ、中小企業等の研究開発戦略の策定、出願戦略の策定及び権利取得可能性判断を包括的に支援するため、次の各段階のニーズに応じた特許情報分析を行うものです。

(1)「研究開発」段階(無料:上限100万円の特許情報分析を実施)
 ・研究開発戦略の策定、重複研究の回避、新事業展開の可能性判断のための特許情報分析を行います。
(2)「出願」段階(無料:上限100万円の特許情報分析を実施)
 ・権利化可能性の把握、オープン・クローズ戦略策定等のための特許情報分析を行います。
(3)「審査請求」段階(利用者負担10,800円~ ※INPITが64,800円を負担)
 ・出願内容に関連する特許情報分析を通じ、権利取得判断を支援します。

【注目情報】今年度事業から、従来の中小企業等に加えて、新たに資本金10億円以下の企業も支援対象となり
      ました!

◆事業の詳細・募集情報については特設ホームページをご参照ください。
 http://ip-bunseki.go.jp/ 

◆お問い合わせ先:本事業事務局
         一般社団法人発明推進協会  調査管理チーム
         TEL:03-3502-5448  FAX:03-3506-8788 
         Eメール:bunseki@jiii.or.jp