韓国の商標・デザイン出願件数は、人口一人当たりでは日本の2倍以上となっており、商標権・デザイン権の積極的な活用が行われています。
一方、韓国では依然として冒認商標問題や模倣品問題が残っており、適正な権利化に基づくブランド・デザイン保護を行う必要があります。
韓国では2016年以降、関連する商標法、商標審査基準、デザイン保護法、不正競争防止法が相次いで改正され、今年7月からは、店舗外観等のトレードドレスが保護対象に加わります。
今回のセミナーでは、韓国の知財制度に詳しい弁護士・弁理士より、韓国へ商標・デザイン出願を行う際の注意事項や商標権・デザイン権の活用について、また不正競争防止法の概要およびトレードドレス保護の動向などについてご紹介します(同時通訳あり)。
ぜひご参加ください。

◆日 時 2018年7月4日(水) 14:00~17:00
◆会 場 TKPガーデンシティ博多新幹線口(4-A会議室)
     (福岡市博多区博多駅中央街5-14 福さ屋本社ビル4階)
◆参加費 無料
◆定 員 60名(先着順)
◆主 催 特許庁・ジェトロ
◆内 容 (※変更される場合もございますのでご了承ください)
 1.「韓国の最新知財事情と韓国IPGの活動」
    ジェトロ・ソウル事務所 副所長 浜岸 広明
 2.「韓国商標出願の注意事項および商標権の活用」
    韓洋国際特許事務所 弁理士 李 智瑛(イ・ジヨン) 氏
 3.「韓国デザイン出願の注意事項およびデザイン権の活用」
    特許法人NAM&NAM 代表弁理士 兪 炳虎(ユ・ビョンホ) 氏
 4.「韓国における不正競争防止法の概要およびトレードドレスの保護」
    金・張法律事務所 弁護士 金 元(キム・ウォン) 氏
 5. 質疑応答
 6. 九州経済産業局からのご案内
◆お申込方法 
   本ページ下部の関連リンク先(ジェトロウェブサイト イベントページ)よりお申し込みください。
◆申込締切日 2018年7月3日(火)17:00