台湾との交流

九州と台湾の経済交流は、2012年6月、九経連と中華民国工商協進会(以下、「協進会」という。)とのMOU締結以降活発化しており、(公財)日本台湾交流協会が実施している「日台産業協力架け橋プロジェクト」等を活用して、ミッション派遣やセミナーの開催等の経済交流事業に取り組んでいます。

・交流事業実績

  • ・2019年9月 協進会主催「2019台日経済貿易永続フォーラム」への講師派遣
  • ・2018年8月 九州・台湾経済交流ミッション派遣
            (2018年度日台産業協力架け橋プロジェクト)
  • ・2017年7月 九州・台湾経済交流セミナー開催(於:福岡)
            (2017年度日台産業協力架け橋プロジェクト)
  • ・2016年6月 九州・台湾経済交流ミッション派遣
            (2016年度日台産業協力架け橋プロジェクト)
  • ・2015年9月 九州・台湾経済交流セミナー、ビジネス商談会開催(於:福岡)
  • ・2015年3月 九州・台湾経済交流ミッション派遣 台南ミッション派遣
            (2014年度日台産業協力架け橋プロジェクト)
  • ・2014年2月 九州・台湾経済交流セミナー、ビジネス商談会開催(於:福岡)
            (2013年度日台産業協力架け橋プロジェクト)

日台産業協力架け橋プロジェクトとは

 近年の日台経済関係強化を踏まえ、2012年11月、公益財団法人交流協会(日本側窓口)と亜東関係協会(台湾側窓口)との間で開催された日台貿易経済会議の場にて、「日台産業協力架け橋プロジェクトの協力強化に関する覚書」が交流協会、亜東関係協会の両会長間で署名。こうした背景を踏まえ、台湾との交流に取り組む各地域団体等を対象に、セミナーや商談会の実施、ミッションの派遣・受入等に要する費用を助成するための「日台産業協力架け橋プロジェクト事業」が予算化。