「アジアへのゲートウェイ」と言われている香港。
 香港政府によって1966年に設立された香港貿易発展局は、香港と日本企業との貿易促進、香港を活用した中国大陸・アジアへのビジネス拡大を支援しています。
 今回のセミナーは、香港貿易発展局から日本の食品・工芸品輸出先としての香港の現状と今後の展望、香港貿易発展局の取り組みのご紹介に併せ、香港で日本食品を取り扱う「新華日本食品有限公司」の蔡 紹霞社長をお招きし、香港で日本食品を売るための秘訣をご講演いただきます。

◆日時:平成29年1月16日(月)13:30~15:30

◆会場:AIMビル3階 315会議室(北九州市小倉北区浅野3-8-1)
  
◆定員:セミナー50名

◆プログラム:
  13:30~14:30
   「アジアへのゲートウェイ:香港」
     ~日本食品・工芸品輸出先としての香港の現状と展望~
      講師:香港貿易発展局大阪事務所長 伊東 正裕
  14:30~14:50
   「香港貿易発展局の取り組み」~Step別販路開拓サービスのご紹介~
      講師:香港貿易発展局大阪事務所貿易引合主任 小峰 潤

  15:00~15:30
   「(仮称)日本食品を香港で売れるにはどうすればよいか」
      講師:新華日本食品有限公司代表取締役社長 蔡 紹霞 氏

◆申込方法等詳しくは関連リンクをご覧ください。

◆申込締切:平成29年1月10日(火)

◆申込先:北九州市産業経済局国際ビジネス政策課
     FAX:093-551-3615 
     電話:093-551-3605