九州の国際交流

韓国との交流

「第17回九州・韓国経済交流会議」開催結果~九州と韓国との更なる経済交流の推進に向けて双方提案の19事業について相互協力で一致~

九州と韓国とのビジネス交流の促進と協力関係を強化するため、10月13日(水)、福岡県北九州市において、「第17回九州・韓国経済交流会議」が開催されました。

会議には、九州・韓国双方の行政・経済団体・企業等が参加。九州からは滝本 徹九州経済産業局長ほか45名、韓国からは知識経済部(日本の経済産業省に相当)の韓 珍鉉(ハン ジニョン)貿易政策官ほか、33名が参加しました。

会議では、「中小企業間の経済交流拡大」、「ビジネス交流促進」、「地域間経済交流の支援」をテーマに、「九州地域・韓国南部地域超広域経済連携モデル事業の実施」など19事業が提案され、双方の協力事業として実施していくことで認識が一致しました。

1.本会議は、九州と韓国とが、双方の資金、技術、人材等の地域資源を相互補完し、貿易、投資、産業技術の交流拡大と地域間交流の促進を目的とする定期交流の場として、平成5年(1993年)から毎年交互に開催しているものです。

2.九州側が提案した協力事業は、以下のとおりです。

(1)九州・韓国の中小企業間の経済交流拡大を支援するための分野別(環境、IT、人材等)協力の促進
  • ○九州と韓国との環境産業交流の更なる促進
  • ○低炭素化社会構築を目指した日韓技術協力の推進
  • ○中小企業におけるクリーナープロダクション(CP)技術普及を目指した日韓協力の推進
  • ○韓国人留学生・インターンシップ生及び日本への就職希望学生支援に係る連携推進
(2)九州・韓国ビジネス交流促進のための事業の積極的展開
  • ○商談会等実施に向けた韓日産業技術協力財団に対する支援協力要請
  • ○両国の中小企業間の相互ビジネス交流に向けた済州特別自治道に対する支援協力要請
  • ○九州と韓国とのパートナーシップを踏まえたアジアへのビジネス戦略の構築
  • ○2011年3月の九州新幹線(鹿児島ルート)の全線開通に向けた九州への誘客促進
  • ○九州と韓国の経済交流における国際コンベンションの活用(提案と情報提供)
(3)九州・韓国地域間経済交流の積極的支援
  • ○九州地域・韓国南部地域超広域経済連携モデル事業の実施
  • ○日韓両国企業のビジネス拡大を目的とした韓国関係各機関との連携強化の推進
  • ○福岡・釜山「超広域経済圏」形成の推進
  • ○産学官連携における日韓交流の多面的推進及び強化
  • ○日韓の半導体実装分野でのネットワーク強化

3.また、「第10回環黄海経済・技術交流会議」と同時開催したことから、本会議の併催事業として、「九州・韓国・中国 環境ビジネス交流会」を開催しました。

会議風景

詳細情報は下記PDFファイルにてご覧いただけます 。

get adobe reader pdfの閲覧にはAcrobat Readerが必要です。
左のバナーより最新のReaderをダウンロードしてください。
一覧に戻る

ページの先頭へ戻る